元買取店員も驚く【プレミア切手】の種類や価格をご紹介!

切手

みなさん、どうも!

前回、切手は売れる商品であると書きました。

今回はその中でも特に高額なプレミア中のプレミア切手をご紹介していこうかと思います。

といっても私の知識で知っている切手となってしまいますが、基本的にそうそうお目にかかれる代物ではない切手です。

こうした切手はコレクターの方以外、所持している本人も価値に気づいていない場合が多いのです。

知人から譲り受けたという話も聞きますし、親族の遺品整理をしていたら出てきたなんて話も聞きます。

持っている切手が大量であれば、何気なく1枚だけ紛れ込んでいる可能性もあります。

切手の種類は素人では判別が難しいです。

一度、専門のプロに見てもらうのが一番良いでしょう。

スポンサーリンク

プレミア切手の種類と参考価格

始めに、価格に関してですが状態の良い場合のおおよその価格です。
買取金額は買取店によって異なります。
また、状態にも左右されますのであくまで参考価格として記載します。
記載された金額での買取を保証するものではありませんので予めご了承ください。
また、バラの状態か綴られたシート状かにもより価格は変動します。
シート状であれば更に高額になるでしょう。
中国切手 赤猿

中国切手の中でも特にプレミアです。

レプリカも出回っているので鑑定が必須です。

参考価格/1枚:数万円~10万円以上

 

1921 青島軍事切手

こちらは戦時中、軍の通信用に使われた切手です。

いくつか種類があります。

こちらも偽物が出回っているため鑑定が必要です。

参考価格/1枚:数万円~数十万以上

 

琉球切手 普通切手100円

こちらもプレミアな切手です。

キズがあったり消印があってもそれなりに金額が期待できる逸品です。

参考価格/1枚:数千円~1万円以上

 

竜文切手 500文

切手コレクターの間では有名な切手の一つです。

当時の印刷技術は未発達だったため、全ての図柄が統一されずに少し違いがあるのが特徴です。

参考価格/1枚:数千円~数万円以上

 

昭和ご婚儀 8銭

関東大震災によって発行が中止となった幻の切手です。

なかなかお目にかかれない貴重な切手のうちの一つです。

先の震災でほぼ焼失してしまったため、数も少ないです。

参考価格/1枚:百万円以上

 

中国切手 全国の山河は赤一色

こちらは中国切手の中でも赤猿と並ぶプレミア切手です。

レプリカもあるので一度プロの査定士に見てもらったほうがいいでしょう。

最近だと価格にムラがあるようなので、買取店に確認してみたほうがいいかもしれません。

参考価格/1枚:数千円~数万円以上

 

おまけ:英領ギアナ ギアナ1¢(セント)

コレクターの間では超が付くほど有名な切手です。

世界で最も価格の付いた切手で、その額はなんと950万ドル!

約9億7千万円という価格でオークションで落札されました。

世界に1枚しか存在しないので、まさに幻といえるでしょう。

参考価格/1枚:9.7億円(一般人には手が出せません…)

切手は売れる

今回紹介したプレミア切手ではなくても切手は売ることができます。

しかし郵便局では返金させてもらえません。

近くの金券ショップや買取店、ネット買取店などで売るのが一般的です。

詳しくは切手は売れる!の記事を参考にしてください。

ここから、簡単に売れるネット買取店の中でも私がオススメする買取店をご紹介します。

おすすめの買取店はココ!

やはり売る時でも価値の分かるプロの買取店に売りたいですよね。

そんな価値の分かる買取店はこちら!

 

バイセル

↑公式サイトはこちらから↑

こちらは有名な切手買取店です。

切手の査定をしっかりとできる店はそこまで多くないのでここは信頼してもいいです。

この買取店なら安心して任せられますよ!

買取金額も満足のいく結果になるかと思います。

私のオススメは出張での買取です。

電話で申し込んでから最短30分という素早さで自宅まで駆けつけてくれます。

ただ、依頼の込み具合もあるので遅れる場合もありますが電話してから早くて当日には来てくれます。

もちろん、金額はその場で手渡しです。

人と接するのが苦手な方には宅配での買取もありますので、そちらがいいでしょう。

とにかくすぐに見て欲しい、プロの査定する現場を見たいという方は電話から出張をお願いするのがオススメです!


↑公式サイトはこちらから↑

最後に

いかがでしたか?

プレミア切手ってあんなにも金額が付くものなんですね。

私も最初に知ったときはビックリしました。

額面の何十倍、何百倍もの価値になっているんですから。

コレクターが切手を集める気持ちもちょっとだけ分かります。

最初にもお話しましたが、こうした高額なプレミア切手はコレクター以外だと所持している本人が価値に気づいていない場合が多いです。

誰かから譲り受けた切手の束などに紛れているケースは多いです。

心当たりのある方は、一度プロの人に見てもらうのがおすすめです。

価値に気づく良い機会ですので。

売るか大切に保管するかはその後にでも考えても遅くはないと思いますよ。

 

今回はココまで!

また次回お会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました